ベビー服の着せ方に対する疑問点

赤ちゃんは自分で洋服を選ぶことはできません。好みがあったとしても、伝える手段がないので、親の趣味や好き嫌いで選ばれた服を着せられることになります。ベビー服の素材やデザインは数が多く、何を一番重視して服を決めるかは、親の価値観によるでしょう。私には子供がいませんが、最近増えているというベビー服の着せ方の傾向に疑問があります。私の姉妹や友人は、ベビー服はいつまでも長く着るものではなく、また肌が一番敏感な時期に着るものなので、素材と価格を重視して買う服を決めているそうです。赤ちゃんは、おむつや授乳などで服が汚れることが多く、一日に何回も服を変えることもあるので、安いベビー服を何着も用意していると言っていた友人もいました。私も子供を授かったらそのような考え方をすると思います。大人と違って、少しの汚れがかぶれの原因になってしまったりするようですし、見た目よりも肌を健康に保てる素材であることを重視した服を購入すると思います。しかし、最近増えている傾向として、ベビー服にもブランドを求める、ということがあるそうです。

私の従姉妹がそのような考え方の持ち主なのですが、ベビー服を着られる時間は人生のうちのほんの一瞬だから、できるだけ良いブランドのものを着せてあげたい、一番かわいい時を一番よい服で過ごさせたい、というのが根本にあるようです。また、親子でお揃いのブランド服を着たいという願望を持っていらっしゃる方々もいるようで、友人宅で見せてもらった育児雑誌の記事には、ブランド服でまとめるお揃いの服のコーディネートの仕方というような特集がありました。

ベビー服はブランド品である必要はあるのでしょうか。お出かけ用に一着だけ持っていると言うのならわからなくも無いのですが、普段使いのものまでブランド品にこだわってしまうと、汚れたりするのも気になってしまうでしょうし、高いお金を出した割には長く着られるものでもないでしょう。その特集が組まれていた育児雑誌には、親子でお揃いのブランド品を着る楽しさやステータスばかりが載っていたのですが、別の育児書には、ベビー服の研究が進んでいないメーカーの品には気をつけるよう書かれていました。大人のブランドに多いらしいのですが、お揃いファッションが流行しているからと言って、赤ちゃんの肌や体のことをよく研究しないままベビー服を発売してしまうメーカーがあるのだそうです。全身ブランド品で固められている赤ちゃんを見かけると、そういう危険も含んでいるのだな、とちょっと着せ方に疑問を感じてしまいます。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


*