おすすめのベビー服はラルフローレンです

私は数年前に結婚しています。そしてその頃にはもうすでに妊娠していました。そうです。いわゆるできちゃった結婚というものでございます。しかし、昔のように、そんな目くじら立てて順番がちがうだろうといわれることはありませんでした。結婚する予定の男性でしたし、遅かれ早かれ妊娠していたかと思います。そして、今では二人の子供の母親をしています。一人目の時は生まれるまえに新生児のベビー服を短着、長着のセット、退院時に着せる服はラルフローレンを選びました。そして沐浴用にガーゼハンカチ、ほ乳瓶やそれを消毒するような器具を購入しました。昔は煮沸が当たりまえでしたが、最近はレンジでも消毒できるようなものがあります。またお尻ふきに関しても、真冬にお尻ふきは冷たく感じます。それを温めるようなウォーマーもありました。初めての出産で、もう何もかも判らない状態だったので、とにかく必要といわれるものは、購入しました。それから、無事、出産をして、すくすくと成長しました。

生後6ヶ月くらいをすぎると、個人差もありますが、赤ちゃんはずりばいを始めるくらいになります。その頃はラルフローレンの9Mの服がちょうどくらいになりますが、ものによっては細身で作られているものもあります。そして、指先が器用になってくる時期なので、おもちゃも器用につかめるようになってきます。そうなった時は、もうロンパース型を卒業した方が良いかもしれません。というのも、おむつ替えで仰向けに寝かされることも嫌がることがありますし、ロンパースのボタンをパチパチ取って遊び出すからです。止めても止めても、それがママとのスキンシップかのように喜んで遊んでしまいます。しかし、80センチのセパレートになると、ズボンがずれることもあります。成長の早い子や、二人目三人目になってくると、上の子と一緒に公園にいくこともあるかと思います。

ずばりいくらいだとベビーカーで、じっと座っているのも退屈になります。そんな時のおすすめのベビー服情報ですが、ずりばいくらいからでもお砂場で遊ばせられるような、カッパのような感じのつなぎが販売されています。砂場はセパレートだとふくがめくれあがって、砂だらけになりますし、湿った砂の上では服も湿って風邪を引いてしまいますから、そういったつなぎがあると便利かと思います。また、洗濯に関しても、どろ汚れに強いものもありますから、少々シミのようになっても大丈夫です。ただ、お子様の肌の状態も個人差がありますから、そこは気をつけなければなりません。

少々値は張りますが、ラルフローレンがおすすめです!お出かけにも、毎日着ける服としても肌触りもよく、また生地もしっかりしているのですごく持ちます。一人目で2シーズン着せたものを2人目にも着させることができました!

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


*